GoogleとYahooの統合で何が変わる?

2010年の7月27日、SEOの業界には驚きのニュースが発表されました。 ヤフーとグーグルが日本における検索事業において提携し、ヤフーはグーグルのアルゴリズムサイト検索技術と検索広告を採用すると発表したのです。

ようは、ヤフーの検索エンジンが完全にグーグルの検索エンジンに移行されるという事でした。

既に現在では、移行作業も終了しており、ヤフーとグーグルでは一部を除く同じキーワードでの検索結果順位が同じである事が判明しております。

では、ヤフーがグーグルの検索エンジンを採用した事によって、私たちSEO業者にはどのような影響が出てくるのか説明していきましょう。

SEOという視点から見ると検索エンジンとして優秀なのは、やはりグーグルでした。ヤフーもソフトバンクの優秀なブランディング手法により高いシェアを誇っていましたが、それでも正確な検索結果を表示するというところだけに重点を置けばグーグルは相当優秀と言えます。

理由として、まずヤフーはアルゴリズムの解析が難しく、検索結果も不安定です。本当に価値のある見られるべきサイトが検索結果圏外にいたり、逆に全く中身の無いサイトが上位にいたりと、どのような基準で検索順位を決めているのかを分析するのが難しくありました。

それ故、弊社を含めSEO業者はYahooに対しての施策に頭を抱えていたのです。グーグルでは上位表示を達成できるが、ヤフーでは達成できないと言う事がこれまでも多くありましたが、今回の統合により、SEO対策は行いやすくなったと言えます。

実際に弊社のお客様でも、今までヤフーで上位表示を達成できなかったキーワードも軒並み上位表示を達成しております。

この統合に関してご心配されている方も多いようですが、実はSEOのハードルは逆に低くなったと言えます。

もちろん、今後グーグルも様々なアルゴリズムの導入を今までどおり行う事を予想できますが、弊社ではそれらのアルゴリズムを研究し、質の高いSEO対策を提供しておりますので、是非SEO対策は弊社にお任せ下さい。 ご相談・ご質問など無償で行っておりますので、どしどしメール・お電話をくださいませ。

お気軽にお問合せ下さい


  • お見積りご相談はこちら
  • 外部SEOだけがSEOじゃない!根本的なコンテンツからの見直しを行います
  • 役に立つSEOツールをご紹介

25 件

  • SEO用語集

上位達成キーワード

SEO 成果報酬
1位
田無 不動産
2位
求人サイト 構築
1位
ポータルサイト 構築
1位
レーシック 名古屋
3位
不動産 ホームページ
1位
ギター 販売
1位
歌詞 コード
1位
  • よくある質問
弊社の運営サービス
  • 求人サイトの構築 Recuit Made
  • 大規模ポータルサイトの構築 portal made
  • 地域ブログポータルの構築 地域ポータルサイト構築
  • マッチングサイトの構築 マッチングサイト構築メイド
  • 不動産サイトの構築 制作GATE